TOEIC対策本「金のフレーズ」、いわゆる金フレについて。
自分で言っちゃいますが、金フレ買うのなら修正版mp3ダウンロード必須!

  

正式書名は、新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ。
著者はTEX加藤さん。
ほんと、良い本書いてくれてありがとうございます。 <(_ _)>
Amazonでも「TOEIC」で検索したら3位と大人気ですね。(2014.04)

金フレを全く知らないので知りたいなって方は詳しく説明されてる
下記のようなサイトが参考になると思います。

  独学でTOEIC990点を目指す!
  本当に役立つTOEIC勉強法

さて、本題。
この対策本の利点の1つとして、mp3の音声ファイルが
ダウンロードできます。
リーディングのみならず、リスニングの攻略本にもなる訳です。

  朝日新聞出版のダウンロードページ

そのままでもヒヤリングしながら学習できるのですが、
無駄な部分あり効率悪いなと感じたので工夫しました。
結果、なかなか便利に使えるので公開してみます。
(ダウンロードリンクは一番下。)
オリジナル音声ファイルにイライラしてきたら試してみてね。

工夫した内容はこんな感じ。

  ・mp3 をフレーズ毎にファイル分割
  ・10フレーズ毎にまとめた mp3 を作成
  ・100フレーズまとめた mp3 を作成
  ・フレーズ番号の音読を削除
  ・単語の音読を削除

この本で学習を始めてる人なら使い方を想像できるかな。
実際にやってみたら簡単なんだけど、長々と説明書いてみる。


  

まず、朝日新聞出版が提供してる音声ファイルだと、
わからないフレーズを何度も聞き直したいときに
巻き戻しボタンを押しまくらないといけない。
ポチポチしまくってたら腱鞘炎になりかけた。罠か?

世の中には便利なプレイヤーがあって、
任意の場所をループ再生できるアプリがあるんだけど、
それでも一々設定するのが面倒です。

で、考えたのがフレーズ毎に分割して1ファイルにしちゃえば
無限ループを簡単にできるねってこと。

まず、スマホでもタブレットやPC、何でもいいんだけど
mp3再生アプリをインストールする。
私はスマホ・タブレット・パソコンの全て準備してます。

そして、アプリを1曲のループ再生状態にする。
1フレーズ1ファイルだから、そのフレーズが無限再生。

何度も聞いて聞き取れるようになったら、
次の曲へ移るボタンを押す。
すると次のフレーズも延々とループ再生できるわけだ。

さらに、暗記には繰り返しが重要だってことで、
10フレーズ毎にもまとめた mp3 を用意してみた。
例えば、No.1~No.10を個別に聞いて覚えた後に、
No.1~No.10を連続して聞いてみるって使い方。
実際やってみると記憶に残りやすいよ。

最後に、仕上げとして100フレーズまとめた mp3 を聞く。
100フレーズ全て聞き取れたら... (えへへ、英語耳完成)

しかも元ファイルの100フレーズ音声データは
全て聞くのに15分くらいかかるんだけど、
不要部分を削除してるので4分くらいで終わります。

なんて効率的なんだ。
ってことでダウンロードはこちら↓。

  <金フレmp3の修正版ダウンロード>

小さいサイズはこちら↓。どんなのかチェックしたい人用。

  <お試し:初めの100語のみダウンロード>

※ zip圧縮してるので解凍して使ってね。
※ ご意見、改善要望募集中。
 スコアアップ報告なんてのも嬉しいかも。
※ 朝日新聞出版サイトに再配布NGの記載なかったけれど、
 公開がまずかったら削除します。ご連絡下さい。
※ 直リンクやめて。

ついでに、ヤフオクの出品状況載せときます。
検索条件をあいまい検索にすると、
TOEIC本をまとめて出品されてる方が見つかります。
金フレ含め、対策本をまとめて入手できて便利です。

  金フレをヤフオクあいまい検索
  TOEIC本をヤフオク検索

はじめ、Kindle本で金フレ買ったのですが、
アプリが悪いのか表示されない行があったりしたんですよね。
そんな困った状況のときにTOEIC本をまとめ出品されてるの
見つけて助かりました。
公式本と一緒に入手できて大助かり。


もしお役に立てたなら、応援クリックお願いします!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年4月25日。
Googleさんの検索アルゴリズムに変更があったらしい。
パンダアップデートって名前。

スパム的なサイトは扱ってないので心配はないが、
更新頻度があまり高くないサイトがあるので考えた。
結果、結構頻繁に呟いている自分のTwitterを
トップページに表示することにする。

使ったのは Wordpressプラグインの「My Tweets」。
超簡単設定で、5分もあれば導入可能だ。
しかも、Twitterへのログイン不要なので、
他人の呟きもアップできるみたい。(やらないけど)

以下、導入メモ。

・プラグイン→新規追加、から「My Tweets」を検索
・インストール→有効化
・設定→My Tweets、で各種設定を行う
・「Twitter Widget Title:」 ウィジェットのタイトルを入力
・「Twitter.com Username:」 表示したいアカウント名
・あとはお好みで設定する
・プラグインに「My Tweet」ができてるので配置

効果あるかなぁ。

Google map を緯度、経度指定で表示する方法。

  http://maps.google.co.jp/maps?q=[緯度],[経度]&z=12&hl=ja

こんな感じでURL指定する。

"q=" で緯度、経度を指定するとポインタが表示される。
"&z=" はズーム設定。0~20で決める。
"hl=ja" は日本語環境ってこと。

・音楽をアップロード、好きなときに利用できる。

・写真をアップロード、好きなときに利用できる。

・文書をアップロード、いつでも編集閲覧できる。

・書籍をアップロード、好きなときに読書できる。

・連絡先、住所録をアップロード、閲覧できる。

・予定をアップロード、カレンダー閲覧できる。

・メールを保存、好きなときに閲覧できる。

・紛失、盗難デバイスの場所を特定できる。

・登録している友人の居場所を確認できる。

以上、無料でアップロードできる容量は5GBだ。

wordpressのサイトにファビコンを登録した。
ファビコン作成には便利なサイトがたくさんありますね。
助かります。

まず、ファビコン用の画像を作成。
今回は文字画像にするので下記サイトで作った。

 フリーフォントで簡単ロゴ作成

フォントは 「エルマーP」 を使用。

画像ができたらファビコンを作成。

 favicon.icoを作ろう!

[16x16」のみで大丈夫。
wordpressのサイトルートディレクトリにファビコンをアップロード。

最後に、2ファイルを修正。
①header.php の</head>タグ手前にこれ↓を記述。

 <link rel="shortcut icon" href="[SITE_URL]/favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.icon" />

②wp-admin/admin-header.php をFTPなどでアクセスして修正。
同じく、</head>の手前に記述。

 <link rel="shortcut icon" href="/favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.icon" />

今までウィルス対策ソフトは無料のAvast!を使ってたのだが、
Avira + Comodo の組み合わせに切り替えた。
その際のインストールメモ。

●Aviraのインストール

下記からダウンロード
http://www.avira.com/ja/for-home
Avira Free Antivirus → 無料ダウンロード

2012.04.21:
 日本語版のインストーラが壊れてるみたい。
 英語版でインストールを試みる。

http://www.avira.com/en/for-home
Free Antivirus → Download Now

ダウンロードしたインストーラを実行
Custom を選択
License Agreement にチェックを入れる
次へ

ブラウザ用Toolbarは不要のためチェック入れない
次へ

インストールパスはそのままでいいだろう
次へ

削除すべき機能はなかった
次へ

コンフィギュレーション開始
次へ

Medium detection level にした。必要なら後程変更しよう。
次へ

脅威となるカテゴリの選択。とりあえずデフォルト。
次へ

Normal Start
次へ

システムスキャン実行
次へ

完了

●Comodo Wirewall をインストール

下記からダウンロード
http://personalfirewall.comodo.com/
DOWNLOAD FREE をクリック(フリー版を選択)
Choose Operating System: のボックスを自分の環境に合わせる
ダウンロード

ダウンロードしたインストーラを実行
メアドは入力しなかった。
後はデフォルトでインストール

インストール完了するとコントロールパネルがでるので、
Defense+ を無効(disabled)にしておく。
Aviraと機能がだぶるので。

●Windows Defenderを無効化

Aviraと機能がだぶるので無効化しておく。

コントロールパネルを開く
右上の検索ボックスで「Windows Defender」を検索
ツール をクリック
オプション をクリック
管理者 をクリック
このプログラムを使用する のチェックを外す
保存

おしまい

IaaS: Infrastructure as a Service
 レンタルサーバーに近い。
 仮想化したCPU/Memory/HDDをユーザーが必要な分だけ提供する
 準備されてるもの: ハード,OS
 例: Amazon EC2, BIGLOBEクラウドホスティング, さくらのクラウド

PaaS: Platform as a Service
 IaaSにソフト開発環境を追加。実行も可能
 準備されてるもの: ハード,OS,ミドルウェア
 例: Google App Engine, Windows Azure, Force.com
   少し前に書いたMojitoも(Yahoo! Cocktails)

SaaS: Software as a Service
 サーバー実行型Webアプリ
 準備されてるもの: ハード,OS,ミドルウェア,アプリ
 例: Gmail などいっぱい

とりあえず列記して、後で何が生み出せるか考えよ。

・ツイート管理(呟き/取得/削除)
・フォロー管理
・ダイレクトメッセージ管理
・リスト管理
・リスト所属アカウント管理
・ブロックするユーザー管理
・お気に入りツイート管理
・検索条件の登録/削除
・ツイート検索(条件指定可能)
・タイムライン取得(条件指定可能)
・誰かのフォロー/フォロワー ユーザー情報を取得
・リストフォロー管理
・トレンド情報を取得
・ツイッター上で話題の場所情報取得
・ツイートに関わる場所検索及び地点情報取得
・ユーザー検索、ユーザー情報取得

JAVAアプリをGoogleサーバーで公開できる
レンタルサーバーを借りなくてよく、基本無料
分類としてはPaaS(Platform as a Service)
開発環境はEclips

基本サービス(API)

URLフェッチ API
 HTTP/HTTPSリクエストを発行し、応答を得る

メール送信 API
 メール受信はできない
 そもそもファイル保存できないし

データストア アクセスAPI
 拡張性と処理性能の高い専用ストレージ
 MySQLなどDBは利用できない

Memcache キャッシュアクセスAPI

画像処理 API

XMPP インスタントメッセージ API

気になったのでメモっとく。

ヤフーさんがJavascriptフレームワーク「Mojito」を
オープンソースとして公開した。

webアプリケーションをこのフレームワークで作成すれば、
ユーザーが使っているブラウザがJavascriptを有効にしてようが
無効にしてようが、どちらでも実行が可能になる。

 有用にしてたら → javascriptはローカルで実行される
 無効にしてたら → サーバー側で実行される

あら、便利。
ちなみに、「Mojito」は「モジト」ではなく「モヒート」らしい。